--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012.03.25 21:47|∟ラッドシティ編
 研究所にて

xeto1 「おいミニィ」

mivi3.png 「なぁに~?」

c20126_icon_1.jpg 「くれてやる(紫煙銃をミニィに向けて撃って)」

mivi2.png 「うきゃー何するの!……ってあれ?」

c20126_icon_3.jpg 「…なるほどな、そういうわけか(カチカチと紫煙銃を引いて」

mini1 「び、びっくりさせないでよ…」

c20126_icon_2.jpg 「紫煙が棘の残滓だったとはね」

mivi2.png 「でもでも紫色の実、あれちょーっと気になるのよねぇ。
        使えるならあたし達にとっても何かに使えないかしら?
        まずいだけじゃ納得いかないのよねー」

c20126_icon_3.jpg 「あの実で大分変わるだろうな、ここの生活も」

mivi3.png 「そうよ、だから気になってるのよ。
        世界の瞳ももうすぐで完全に起動するっていうし」

mivi2.png 「ふふふふでもあのでっかい妖精…なかなかそそるじゃないの…
        研究者としての血が騒ぐわ…また会えないかしら…」

c20126_icon_1.jpg 「お前はその前にここでやることがあるだろう?変態研究者め(にっこり)」

mini1 「ハイ……」



c28805_icon_1.jpg 「あの、お邪魔します……あれ…お邪魔してもいいのかな…」

xeto1 「ああよくきたな。(紫煙銃向けつつ)」

c28805_icon_2.jpg 「えええ、なんですか!?あの、ごめんなさい!
        あっそうかもう弾は出ないんだ…ごめんなさい!」

mivi3.png 「バーテンくんじゃん!やっほー!」

c28805_icon_3.jpg 「あ、えっと、こんにちはミニィさん」

xeto1 「お前、ここに来たってことは決心がついたんだな」

c28805_icon_1.jpg 「はい…今回の戦いを通して、色々と考えました
        僕も、研究所に協力をさせて下さい。」

mivi3.png 「やったー!ついにバーテンくんという
        最強すけっとがきたねゼトル!」

c20126_icon_2.jpg 「ま、研究員が増えるに越したことはないか。失敗さえしなければな」

c28805_icon_3.jpg 「錬金術には自信がありますので、大丈夫です」

mivi3.png 「うんうん♪じゃ、あの人達にもお願いしなきゃね~♪」

c28805_icon_1.jpg 「あの人達、ですか?」

xeto1 「ああ、ノイズ達か。そうだな。今度会ったら伝えるか」

mini1 「そー!これで明るい研究結果も遠くないんじゃない!うふふ!」

c28805_icon_2.jpg 「はい。じゃあ、その時は僕も」
スポンサーサイト
2012.03.25 10:46|∟ラッドシティ編
 
mivi3.png 「さぁ~~研究材料集めるわよ~~!ぐふふふ」

c20126_icon_1.jpg 「本来の目的を見失うなよ」

mivi2.png 「分かってるよ!あ、でもその前にあの綺麗な薔薇をじっくりと…」

c20126_icon_3.jpg 「はぁ……呆れてものもいえないな」

ds.jpg 「あ、この前の!」

c00499_icon_4.jpg 「おや…」

mini1 「やっ!星霊術士くんとノイズくんじゃない!
        君は…名前なんていったっけ?シグマル?シンゴウ?」

ds.jpg 「あの俺シグベルですけど…微妙に俺だけ違うんですけど…」

mivi2.png 「まあシグテルでもシグタルでもいいわ!それもいいけど
        今日は綺麗に薔薇が咲いちゃってくれてるじゃない!」

ujgfhrdy.jpg 「ちょっと!」

c00499_icon_4.jpg 「そういえば貴方達の名前はまだ聞いていませんでしたね」

mini1 「あらそれもそうね。私は錬金術士のミニィ・トランプペッド
        気軽に名前で呼んでくれていいよ。ま今後ともよろしくね。」

c20126_icon_1.jpg 「…俺もですか?ゼトルだ。ゼトル・シャンスパイク
        …まあ、宜しくお願いします」

c00499_icon_2.jpg 「貴方達、随分と棘(ソーン)に興味があるようですね」

c20126_icon_2.jpg 「なんせ、こんなものを見るのは初めてなんでね」

mivi3.png 「まーおかげでいい感じに研究に生かせそうだし?
        いいんじゃないかしら!」

c20126_icon_1.jpg 「はしゃぐな」

mini1 「けど、まあそうね。これで研究所ぶっこわれちゃたまったもんじゃないものね。
        じゃ、そうと決まればいくわよー!」

xeto1 「おい待て…げほっ…(ふらっと壁にもたれかかり」

c00499_icon_4.jpg 「ゼトル、大丈夫ですか」

xeto1 「…ご心配は無用です。ちょっと足場を崩しただけですから」

mini1 「…今日、薬は?飲んだの?」

xeto1 「……飲んだよ。いい、先に行け」

mivi2.png 「そ。あんまり無理しちゃだめだよ」

c20126_icon_3.jpg 「…分かってるさ」

aicon sig 「あの、ゼトル。本当に休まなくて大丈夫?」

xeto1 「貴方達も先に行って下さい。」

aicon sig 「わ、分かった…」

c00499_icon_2.jpg 「ミニィもおっしゃっていましたが、あまり体に負担をかけてはいけませんよ
        …それでは、失礼」



c20126_icon_3.jpg 「…なんの役にもたたないな…こんな体じゃ」

 
2011.11.24 16:40|∟ラッドシティ編
  

ytu657e5uy7878.jpg 「いつ歩いても賑やかだよね~ラッドシティ」

hjtfhrxs.jpg 「そうだね。色々問題も抱えているけれど
        楽しい賑やかさなら、いいことだよね」

mini1 「ちょーっとどいてくださーい!」

ujgfhrdy.jpgdsr.jpg 「うわっ!?」「きゃあ!」

mini1 「うあっごめんなさい!」

 ドサドサドサッ

ujgfhrdy.jpg 「あれ…その資料って…」

mini1 「へ?もしかして、君って錬金術を知ってる?」

ds.jpg 「や、星霊術に近しいものを感じて…
        前にちょっとかじってたぐらいだけど」

mini1 「もしかすると星霊術士さん!?
        いやぁ~運がいいわ!これは運命ね!(手ぶんぶん」

ujgfhrdy.jpg 「ど、どゆこと…!?」

mini1 「今ちょーど星霊術について研究してたところなの!
        そこでよければ、チョチョイッと君の星霊を…」


 「人にぶつかっておいて図々しいな」


mini1 「きゃあ!」

dsr.jpg  「え?」

c20126_icon_1.jpg 「すまなかったな。いきなりこんなうるさい奴が。」

ujgfhrdy.jpg 「(わぁ…なんだか絵に描いたような美形さんだ…!)」

mini1 「でもでもゼトル、これは凄いすっごいチャンスだよ!」

xeto1 「うるさい」

ujgfhrdy.jpg 「(でもちょっと…いや、かなり口が悪い…?)」

dsr.jpg  「あ、あのー…」

c20126_icon_2.jpg 「ああ、こいつは錬金術士を
        通り越した変人だから、気にしないでくれ」

ds.jpg 「貴方達は、もしかしてラッドシティに住んでいる人ですか?」

mini1 「もしかしなくてもそのとーり!あたしはここの研究所で
        長年、ここの歴史を研究してるの」

xeto1 「俺もそこに居座って研究の手伝いをしている」

hjtfhrxsa.jpg 「じゃあ、世界の瞳についても、何かご存知なんですか!?」

c20126_icon_2.jpg 「…さあね、それはどうかな」

ujgfhrdy.jpg 「へ…?」

mini1 「もうすぐ行われるクロノス大祭ってイベントがあるんだけど
        それにもよるかなぁ~?」

c20126_icon_1.jpg 「君達が来てはじめての大祭だから
        こちらも勝手が分からないんだよ」

c00499_icon_2.jpg 「なにやら重要な遺跡の入り口が開くと、聞きましたが」

ujgfhrdy.jpgdsr.jpg  「ノイズさん!」

c20126_icon_2.jpg 「これはこれは、貴族の方かな。どうも。」

mini1 「うん、まーそういう事なんだよねぇ~。
        あそこはちょーっと面倒くさいものが施されてるから
        盗み見れなくってさ~」

c00499_icon_2.jpg 「そうですか。ありがとうございます…
        致し方ない。大人しく、大祭を待ちましょうか」

mini1 「あ、えっと…ほんと、ぶつかっちゃってごめんね。」

dsr.jpg  「あ、いえ…」
  
mini1 「それじゃああたし達もいこっか♪」

c20126_icon_1.jpg 「俺は本を買いに来ていたんだ。帰るならお前一人でいけば」

mini1 「え~一緒にいこうよ~」

xeto1 「行かない。さようなら。」

mini1 「んもー!」

hjtfhrxsa.jpg 「賑やかな人たちだったね…」

ujgfhrdy.jpg 「なんか、変わってる人たちだったよね」

c00499_icon_4.jpg 「そんなことより、あの人たちは…」

hjtfhrxsa.jpg 「うん…」

c00499_icon_2.jpgds.jpghjtfhrxsa.jpg 「「「エンドブレイカーだ」」」
2011.11.01 20:22|∟ラッドシティ編
ラッドシティ とある研究室にて

mini1 「いっやぁ~面白かったね収穫祭♪」

xeto1 「なかなか楽しめたよ」

mini1 「これであたしの今年の研究もバッチグーなのよ!
        幸せに年を迎えられそうさ~♪」

xeto1 「ああ、いつにも増してテンションが気持ち悪いのはそのせいか」

mini1 「んまー細かいことはいいじゃない♪」

xeto1 「まあお前のテンションは確かに心底どうでもいいが
        …収穫祭で、細かいことにしてはいけないものが紛れていてね」

mini1 「ああ、あの皆が言ってたピエロみたいなの?あれ仮装じゃないの?」

xeto1 「お前ほんと馬鹿だな。あれが偽造ダルク金貨の元凶なんだよ」

mini1 「う、うえええ~!?」
 
2011.10.21 00:23|∟ラッドシティ編
ラッドシティ とある研究室

 (カチ、カチと。紫煙銃を調整する音。)

 「で…?本当にそれであってるのか?」

 「ええとねえ…こうしてこう…あ、あれ…
  あ……あってる…ハズ!あってるハズ!」


 「また錬金術に失敗して変異体を出したら
  即効お前を訴えてやるよ」


 「あ、あはは失敗しないしなーい☆もーまんたい!」

 「そのセリフ…
  何回聞いたか…(本を読みながらコーヒーを飲み干し」


 「けど、棘の撲滅の為に役立つものを作れるかもでしょ?
  それってすっごい事じゃない?」


 「現実を見てから言え」

 「ま~ったくもう冷たいったらありゃしない!
  早いとこ戦う準備しなくちゃ間に合わないんだよ?」


 「……とっくに出来てるさ、俺は」

マスカレイド仮面 「―――……」

マスカレイド仮面 「………――」

 「……後ろに2体だね」

 「……ああ、獣の血が騒ぐ」
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
■■■■■■■■■■■■■■■■

STORY

CHARACTER

≫エンドブレイカー                   ≫シルバーレイン                 ≫サイキックハーツ

■■■■■■■■■■■■■■■■

*能力者/冒険者*

↓の名前をクリックすると同時に ちょっとした紹介文と共に 完全プロフィールへのリンクもあります。 気になる人がいましたらどうぞ。

背後(PL)

天野晴夜

Author:天野晴夜
>>完全紹介
――――――――――――――
(あまの はるや)
当方ブログ全キャラクターのPL。
どうぞ宜しくお願い致します。

(↑燕アイコンは燕ご友人の
蓮弥介ちゃんから頂きました!
ありがとうございます!)

■■■■■■■■■■■■■■■■

《  SilverRain  》

『シルバーレイン』2012年12月31日終了

■■■■■■■■■■■■■■■■

《  EndBreaker!  》

その名は                       エンドブレイカー!

ミラウリィ・クリストファー

満陽の賛美歌

≫プロフィールデータ                                                                                                  ==――――――――――==                                     ミラウリィ・クリストファー(c00051)                                       ==――――――――――==   微笑む暖色花のような少女。真面目で落ち着きおしとやか。その立ち振る舞いにはどこか気品も感じられる。夕焼け空の下で歌う彼女は今日も誰かの幸せを願う。

ノイズ・レオ

青薔薇卿

≫プロフィールデータ     c00499_icon_2.jpg                                                                                             ==――――――――――==                                     ノイズ・レオ(c00499)                                       ==――――――――――==   艶やかな紫水晶の髪に青薔薇のように灯り咲く青い瞳。生真面目で負けず嫌いなツンとした本の虫。実年齢より若く見られることを気にしている。

ゼネ・レシュカ

忘れじの深緑

≫プロフィールデータ                                                                                                ==――――――――――==                                     ゼネ・レシュカ(c00005)                                       ==――――――――――==   長身で筋肉質な男。黙っていればタイプで根はド天然。忘れっぽく喜怒哀楽の激しい行動派。自己鍛錬が趣味で家事が得意。

セレリナ・ルヴァーナ

夢花を想う

≫プロフィールデータ      hjtfhrxsa.jpg                                                                                             ==――――――――――==                                     セレリナ・ルヴァーナ(c00603)                                       ==――――――――――==   優しくふんわり一生懸命。明るく女の子らしく、人の為に泣ける純粋さをもつ。親を亡くし、幼少期から祖母祖父に育てられてきた。

シグベル・ウィック

ひつじの宅急便

≫プロフィールデータ     12001748_m_20100917030833.png                                                                                             ==――――――――――==                                     シグベル・ウィック(c00338)                                       ==――――――――――==   蜂蜜色のふわふわ癖毛が印象的な郵便屋の青年。常にポジティブ思考。暗い空気も吹っ飛ばす裏の無い明かるさをもっている。

グレイム・レグスター

漆黒のエスペランサ

≫プロフィールデータ                                                                                                  ==――――――――――==                                     グレイム・レグスター(c07624)                                       ==――――――――――==   瓶底眼鏡が印象的な穏やかで温厚な青年。若くして豊富な知識を持っている事は確かだが何もない所で転んだり壁に激突したりと頼りない面も。

リーオ・ジュダス

気駆れ陽

≫プロフィールデータ                                                                                                  ==――――――――――==                                     リーオ・ジュダス(c10019)                                       ==――――――――――==   グレイムの部下であり魔法剣士。とことん自由奔放で風のように気まぐれ屋。性格は飄々としており読めない上に少々毒舌。

ソルド・シンティ

煌雲

≫プロフィールデータ     0630.jpg                                                                                           ==――――――――――==                                    ソルド・シンティ(c12101)                                       ==――――――――――==   ランスブルグからの来訪者でありエンドブレイカー。鋭い赤の眼光を持つ謎の青年。

クロラ・クレザ

雪騎

≫プロフィールデータ     クロラ                                                                                             ==――――――――――==                                     クロラ・クレザ(c23054)                                       ==――――――――――==    アクエリオのとある騎士団の団長を務める。真面目で常に冷静さを保つため、本心は定かではない。貴族息子の三男坊だがそれ故に悩みを抱えていた。自身の力を信じ、騎士としての身をもって仲間に加わる。

その他のエンドブレイカー

■各編のサポートキャラクター他■

≪≪【アクスヘイム編】≫≫                 ≪≪【エルフヘイム編】≫≫ ≪≪【謎のキャラクター】≫≫     

■■■■■■■■■■■■■■■■

LINK

訪問者

あなたは

つぶやき

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。